平均寿命と健康寿命の違いとは?違いを知って老後に備えよう

生活の乱れがある人や運動嫌いの人必見!平均寿命と健康寿命の説明と延ばすための知識

平均寿命と健康寿命の違いを知り老後を健やかな生活にしましょう

できるだけ平均寿命を延ばしたうえで、健康寿命の低下を防ぐことができると人生をより楽しめます。食生活の充実は、それぞれの寿命を延ばす際に必要な作業となるでしょう。たとえ今できていない人でも、簡単に始めやすい所から取り組んでみましょう。続けられそうなら、それを継続すると良いです。

▶︎ 全文を読む

運動をして各種寿命を延ばしましょう

平均寿命や健康寿命を延ばすうえで、運動は大切な作業です。年齢を重ねると筋力が低下したり、骨の働きが弱くなる人がいます。それに伴い、歩くだけで身体の負荷が増す以外では、転倒による怪我のリスクが高まります。その結果、健康寿命を縮めてしまう原因に繋がります。運動嫌いの人も、できるところから始めましょう。

▶︎ 全文を読む

先ずは食生活を見直しましょう

平成26年の厚生労働省のデータによれば、平均寿命は男性が約79歳、女性が約86歳です。健康寿命は男性が約70歳、女性で約73歳との結果が出ています。短く感じるか長く感じるかは一人ひとりの考えはありますが、健康で長生きをしたい人向けに、参考になる情報を伝えます。

平均寿命は、0歳の時点で何歳まで生きられるかを統計で示した結果です。その際に、身体の疾患や不調、事故などの影響を受けて健康な生活を送れない時が出るかもしれません。この結果は、身体の状態の有無は問わず、おおよその生きられる年齢が確認できます。

健康寿命は、日常生活の制限を受けることなく、健康的な生活を過ごせる年齢を意味します。例えば、日常で育児や仕事、遊びなどをするでしょう。その際に、大きな制限を受けることなく過ごせる年齢となります。しかし、足腰の不調による寝たきりの状態や身体の病気などの影響で生活に支障が出てしまった時は、健康寿命が止まった状態です。言い方を変えると、長生きをしても長期間の介護や療養が必要な人は、健康寿命は短いとの結果となります。

平均寿命と健康寿命の差をできるだけ縮められると、余生を寝たきりや療養で過ごす時間が短くて済みます。日頃の食生活や運動で、十分な予防が図れます。心身の不調をきたすと、満足な生活を送るのが難しくなるかもしれません。その点をケアすることも、末永く健康な生活を送れるポイントとなるでしょう。

自分1人でウェブや書籍を通じて研究しながら取り組むのは可能です。しかし、時には家族や知人、医療や福祉をはじめ業界のプロによるサポートを受けると良いでしょう。

TOPへ戻る