生活の乱れがある人や運動嫌いの人必見!平均寿命と健康寿命の説明と延ばすための知識

>

平均寿命と健康寿命の違いを知り老後を健やかな生活にしましょう

先ずは食べる習慣を見直す

より良い食生活は、健康な生活を送るうえで欠かせません。先ずは、食べ物を良く噛む所から始めてみましょう。一度食べ物を口に入れた場合、少なくても20回は噛むと良いです。分解されて柔らかな状態になれば、消化吸収を助けてられて、胃腸の負担軽減に繋がります。また、よく噛んで食べると脳が満腹感のサインを出しやすくなるため、肥満の予防が見込めます。食べ物が柔らかな状態なら、消化吸収も良くなり腸の働きが良くなりやすいです。

また、仕事などで多忙の人や不規則な生活を送りがちな人は、食生活の乱れを引き起こしやすくなります。例えば、朝食を抜いたり夕食を深夜に摂るなどの生活が続くと体内の臓器が十分な機能を果たせず、健康面でマイナスとなりかねません。該当する人は、手軽な所からで良いので、可能な範囲で1日3食を摂るようにしましょう。

食事を摂るなら何が良い?

これまで不規則な食生活を送っていたりインスタントのような偏った食事で済ましていた人なら、最初から手料理を食べる所から始めるのは難しいかもしれません。

たとえ手軽なものを食べる場合でも、知っておくとためになる情報はあります。マグネシウムや亜鉛が多分に含まれている食べ物であれば、神経系の調整や免疫力向上の観点でプラスになります。固形の魚や肉以外に、鉄分やカルシウムが含まれたウエハースを摂るのも1つの方法です。

ビタミンが含まれた食事を摂ることで、骨の強化や老化防止、内蔵機能の向上などで良い効果を得られます。固形の野菜や果物を食べるのが理想ですが、難しい時は野菜ジュースやナッツのような手軽に食べられるものにしても良いでしょう。

各種確認を行い、自分に合った食事を摂ることから始めてください。


TOPへ戻る